星くらジビエ

おなかと心を笑顔にする Luke's Recipe for Optimal Health

About ボーンブロス「ディア・フレンズ」について

医師も毎日飲んでいる、おなかと心を笑顔にするスープのおすそ分け

ボーンブロスは昔から人々が健康に役立てて来た、骨を長時間煮込んだスープです。 「ディア・フレンズ」は、ルークス芦屋クリニック監修のレシピに基づき、兵庫県産 天然鹿の骨を、レストランシェフが手間を惜しまず心を込めて48時間じっくり煮出しています。「家庭の手作りと同じ温かみのあるボーンブロスを、長時間キッチンに立てない方にもお届けしたい」そんな想いから始まった商品開発です。ロットごとに旬の野菜を使うなど、飲み続けても飽きの来ないボーンブロスとして進化し続けます。

Concept 3つの特徴

  • 01

    なぜ「鹿」なのか?

    ディア・フレンズは鹿骨・鹿肉を使用しています
    現代人にとって珍しい食材と感じる鹿肉は、山に恵まれた日本において、実は古代からずっと食べ続けられて来た身近なたんぱく源です。自然の恵みである狩猟肉があまり食べられなくなった現在、増え過ぎた鹿は駆除され、ジビエとしての利活用は僅か10%に留まっています。私たちは、古来の食文化である鹿肉を取り入れることが、山の自然環境・生態系の維持だけでなく、人の健康にも役立つのではないかと考えました。

    ボーンブロスに使う安心な骨として、抗生剤や成長ホルモン剤を使用しておらず、自然環境の中で育った鹿の骨や肉は最適です。鹿肉は、高たんぱく、低脂肪、低カロリー、ミネラル・鉄分豊富といった栄養上のメリットもあります。
    ルークス芦屋クリニックがある兵庫県は、良質の鹿に恵まれた地域です。地産地消を目指し、兵庫県産の鹿骨・鹿肉、更に鉛フリーの罠猟に限定して使用しています。
  • 02

    安心して飲み続けたいから、安全で美味しい食材にこだわりました。

    ~美味しいと感じるその先に、元気な笑顔があると嬉しいです。~                         レシピ監修/ ルークス芦屋クリニック 管理栄養士 竹内遥香
    水は天然の抗酸化質を含んだミネラルバランスの良い名水「神戸ウォーター六甲布引の水」を使用し、可能な限り有機無農薬又は自然栽培の野菜を使っています。塩はマグネシウム豊富な「ぬちまーす」、成分抽出を促す酢は農薬不使用の古式静置発酵、管理栄養士がお勧めする体に嬉しいハーブ類も無農薬にこだわりました。添加物は一切使わず、成分変化や風味を損なう恐れのあるレトルト殺菌もしないため、冷凍でお届け致します。(賞味期限はお手元にに届いてから冷凍で約1か月)
  • 03

    長時間煮込むこと

    ディア・フレンズは48時間かけて作ります
    ボーンブロスの骨を煮出す時間は、骨の種類・径によって異なります。 ビーフボーンやラムボーンは48時間煮込むことが望ましいというアメリカの自然療法医のレシピに習って、骨の径が近い鹿骨も同じ時間をかけて煮出しています。 沸騰しない温度でじっくり時間をかけて煮込む事で骨からゼラチン・ミネラル・アミノ酸・ビタミンなどの栄養素がじっくり溶け出し、味わい深い濃厚なスープになるのです。

Blogブログ